仙台在住働く主婦chiponデス!不妊治療お休み期間中にやってきたムスコ(youpon)を20年8月に出産しました♪その他おいしいモノ情報などを書いています。コメントもいただけたらうれしいです(^^)


by chipon922
前回の続きです。


陣痛開始から2日後の8月16日
ようやく分娩室にたどり着きました。

陣痛室で待機していたダンナも分娩室に登場

まだ完全に子宮口が開ききっていないので
長丁場になりそうです・・・

分娩室にはフツーの分娩台があるけど
お産はフリースタイル

まずは横向きになって ひたすら陣痛に耐えました・・・

助産師さんが陣痛の波がくると肛門を押してくれ
chiponは一生懸命 呼吸を吐くことに集中
でも いきみ感をガマンするのも限界に近づいてきました・・・。
とにかくウンコが出そうです(^_^;)

「ウンコ出そうデス!!」

「いきみたいデス~!!」

と何度も助産師さんに訴えました(^_^;)

この時点でのダンナの役割は 水分補給の手助け

陣痛の合間にペット茶を口に運んでもらっていました。
(100均で買ったペットボトルにストローをつけられるキャップは
ホントにあって大助かりでした!)


そしてようやく子宮口が9センチに開きました。

ここでようやく
いきみたければいきんでOKの指示が出ました!!

半分はいきみをガマン、半分はいきむ
くらいの割合で頑張った・・・と思います。


そして午後5時~5時半ごろ?

赤ちゃんがなかなか下りてきていないみたいで
助産師さんから新たな分娩スタイルを提案されました。

 「バランスボールを使った四つんばい」

もうヘトヘトのchiponは 「え??なんだか疲れそう・・・」
って思いましたが
この時は 早く出てきてほしい一心だったので
チャレンジすることにしました。


分娩台の上に置かれた大きなバランスボール

その上に四つんばいになるchipon

陣痛の波がきたら、ゆらゆら揺れながらいきみます。

陣痛の合間は そのままぐったりと休憩

休憩の時には 助産師さんが三陰交のツボ押しをしたり
馬油で会陰マッサージをしてくれました。

そして陣痛中は脱肛ケアもしてくれました。


1時間から1時間半はこの体勢で頑張りました。

この頃、暑さと疲れがピーク

ダンナには水分補給のほか、うちわで扇いでもらいました。

夕食におにぎりが運ばれてきたけど
ほとんど食べられませんでした。
(陣痛室での昼食をしっかりとったのは正解でした)


そして午後7時ごろ?

いよいよ佳境デス!!

赤ちゃんもだいぶ下りてきたってことで
最後は仰向けの姿勢で分娩に挑みます!!

このときになって、初めて医師が登場しました。

ホントにいよいよだ!!頑張るぞ!!

だいぶ水分をとって膀胱が子宮を圧迫していたようで
1度 導尿されました。

陣痛の波に合わせ、3回くらいいきみます。

これを陣痛が来るたびに繰り返します。

気合は十分だけど もうクタクタで
分娩台の足を乗せるところに足を上げるのもツライ状況・・・
足も思いっきり開かないといけないのに
気づくと足が閉じてきている・・・

ダンナが一生懸命

「足、開いて!!」

って何度も声がけしてくれました。

陣痛が治まった時には、足を下ろして休憩・・・


こうして何度かいきんでいるうちに助産師さんが

「頭見えてきましたよ~」

「髪の毛、ふさふさですよ~」

なんて言ってくれ、ホントにもうちょっとなんだな!って実感


しかし・・・

なかなか出てきてくれません(^_^;)

しばらくして

「次の陣痛の波で出てきそうですよ~」

とのお言葉が!!


しかし・・・出てきません・・・

ホントに出てきてくれるの??って不安がよぎります。


そして その後2回くらい陣痛の波が来たときでしょうか。


午後7時38分


何かがスルリと抜ける間隔がよく分かりました。


そして元気な産声!!男の子デス!!


もちろん感動しましたが
それより何より 「ようやく終わった・・・」
っていうのが率直な感想でした(^_^;)

その脇で ダンナは感動でかなりウルウルしてました。


へその緒が切られ 体をキレイにしてもらうと
すぐにカンガルーケア

うっ、かわゆい(*^_^*)

30週からの会陰マッサージの効果は絶大で
会陰は切開もせず、裂けもしませんでした。

初産でここまでキレイな?会陰の状態は珍しいそうです。

会陰マッサージに協力してくれたダンナも大喜びでした!


内側(産道の部分)がちょっと切れた程度で、そこだけ少し縫いました。


そして授乳

生まれたばっかりなのに ちゃんとおっぱいを吸っています(*^_^*)

ホントにママになったんだ~


こうして2時間近く 赤ちゃんとゆっくり過ごした後
体重測定などが行われ
夜11時ごろには病室に入り 即母子同室となりました。

バースプランはほぼ叶い
ダンナの立会い出産、医療措置を施さない自然なお産が実現でき
辛かったけどとても満足のいくお産でした。

そして何より 我が子が夫婦の希望した予定日に
元気に この世に生まれてきてくれたことに感謝デス!!



以上がchiponの記念すべき出産レポートでした。

★出産レポートその3~陣痛室にて(8月15~16日)へ★
[PR]
by chipon922 | 2008-09-05 12:20 | 妊娠後期(8~10か月)
前回の続きです。


8月15日の夜 ようやく陣痛室に入りました。

この夜はchiponのほかにもう1人 妊婦さんがいました。
声の感じからして ものすごい痛そうデス(>_<)
chiponの比じゃあ ありません・・・。

ダンナもベットの脇の固いソファに泊り込み

でも 相変わらず仕事疲れのせいでほぼ爆睡でした・・・

陣痛の痛みは明らかにどんどん増しているのに
間隔は一向に縮まらず、苦しい夜を過ごしました。。。

たまに助産師さんが様子を見に来てくれたときには
腰をさすってもらったり 肛門を押してもらったりしました。


こうして一睡もできないまま 8月16日の朝を迎えました(>_<)

朝になり 陣痛室にテニスボールがあるのを発見!!

以前 何かで西村知美さんが陣痛逃しにテニスボールを用意した
という話を聞いたのを思い出したchiponは
早速トライ!!

ベットに座って、肛門にテニスボールを置いて
ゆらゆらと体を動かすと
いくらか陣痛が楽になりました!!
これなら一人でも頑張れそうです。


朝の内診の結果 子宮口の開きは5、6センチ・・・

10センチまであと半分・・・ちょっとガッカリしました(>_<)

午前中 母と妹も陣痛室に駆けつけ
眠そうなダンナに代わって
腰をさすってくれたり 肛門にテニスボールを押し付けてもらいました。

この頃にはすでにまともな会話は出来ない状態・・・

痛みは増してるのに 陣痛の間隔は縮まらない・・・

陣痛が始まると

「ケツケツ!!(注:肛門にボールを当てろ、という意味)」

「腰腰!!」

を連発し、ひたすら痛みに耐えてました・・・。

それでも体力勝負のお産に備え
病院の昼食は、根性で 8割方食べました。


午後になると 痛みに加え
ウンコがしたい感じが出てきました。

たぶん これが「いきみ感」ってやつでしょう。

いきみたいけどいきめない・・・

辛さは増す一方・・・


そして午後2時半 ついに破水しました。

この瞬間 いきんでウンコをもらしたのかと思いました(^_^;)

トイレに行くと デカナプキンがビショビショ


そのまま分娩室で内診を受けると 子宮口はまだ8センチ

もうダメ・・・動けません・・・


でも、お産まではまだ時間がかかりそうなので
一度陣痛室に戻ることに

その前にトイレに寄ったら 今度はものすごい出血
もう陣痛室まで歩くことも出来ない状態になってしまいました・・・

こうして、子宮口は完全に開ききっていないまま
分娩室に入ることになりました。

★出産レポートその2~陣痛室に入るまで(8月15日)へ★
★出産レポートその4~ようやく出産(8月16日)へ★
[PR]
by chipon922 | 2008-09-02 18:26 | 妊娠後期(8~10か月)
前回の続きです。


いったん、病院から自宅に戻り
その日の夜から翌朝(8月15日)まで
約10分間隔の陣痛に苦しみ ほとんど眠れませんでした。

残念ながら ダンナは隣で爆睡・・・(^_^;)


このとき、ダンナに何をしてもらいたかったか??


とにかく、肛門をグーの手でグイグイ押してほしかったのです(涙)

たまに押してくれたものの ほぼ1人で耐え切りました・・・


ダンナは今日1日出勤すれば、夏休みで9連休

日中の陣痛を1人で耐えるのは限界だったため
近くに住む実家の母に朝一で来てもらいました。

午前中 陣痛の間隔はなかなか縮まらず
時には6、7分・・・でもまた10分に戻る・・・の繰り返し

母には陣痛の時間のメモと肛門押しを頼みました。
何十回 母に肛門を押してもらったことやら・・・(^_^;)

でもまだ 陣痛の合間に話をしたり食事を取る余裕はありました。
お産が進むよう 部屋の中でウロウロ歩いたり
軽くスクワットをしたりしてみました。

しかし 目標の5分間隔まではなかなか到達せず・・・


午後になり 見かねた母は

「そろそろ病院に電話してみたら・・・?」

うーん・・・。まだ5分間隔にはなってないし・・・。


でも何となく不安で 2回目の病院への電話


応対した助産師さんの感じからして
まだ病院に行くタイミングではない雰囲気・・・

「でも迷っているのなら 来てみますか?」

って言われたけど、やっぱりもう少し家で頑張ることに


このころから、今日中に生まれるかも・・・という淡い予感は
すでに消えていました(>_<)


夕方6時ごろダンナ帰宅。ここで母とバトンタッチしました。

これでダンナは夏休み突入なので
いつ産まれてくれてもOKデス!!


安心したせいか
この後すぐ 陣痛間隔が6分にまで縮まりました。

午後8時半までずっと6分間隔が続き
時には3、4分の時も出てきたので
いよいよ今度こそ 入院する気満々で病院に電話

ようやく病院からもGOサインをもらい
2度目の病院へ向かいました。

痛みもどんどん増してきて
病棟まで着くのも一苦労・・・


しかし・・・


病院に着いて安心したのか
陣痛の間隔がまた伸びてしまいました(^_^;)

しかも子宮口の開きもまだ2、3センチ


ひょ~っ!!先は長いっす~!!

でも chiponは今回は引き返す気は全くありませんでした。

助産師さんからも入院してもOKと言われ

8月15日夜9時半ごろ

ようやく陣痛室までたどり着いたのでした・・・


★出産レポートその1~陣痛の始まり(8月14日)へ★
★出産レポートその3~陣痛室にて(8月15~16日)へ★
[PR]
by chipon922 | 2008-09-01 12:30 | 妊娠後期(8~10か月)
記憶が薄れないうちに
出産レポートをちょこちょこUPしようと思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

8月12日(38w5d)におしるしがあったものの
その後 陣痛も来ないまま
8月14日(39w0d) 検診日を迎えました。

内診の結果、子宮口の開きは1センチ
少しやわらかくなってきている、とのこと。

入院の目安は4、5センチなので
まだまだだなあ~っていう印象

おしるしで少々ビビってたchiponでしたが
安心して 検診後に職場の後輩とランチをしました。


帰宅後 午後4時ごろ

軽~い生理痛のような痛みが発生
間隔は8分から10分程度


うむ~ これが前駆陣痛ってやつかしら??

痛みの発生時間をメモしながら過ごしていると
午後8時 痛みが強くなってきました。

間隔はやはり8分から10分

何となく病院に行くのは早いなあ・・・ って思ったけど

心配して早めに帰ってきたダンナが

「病院に電話した方がいい!」

って・・・


電話したら、念のため一度きてください、と言われ
入院グッズを持って 午後10時ごろ病院に到着

検診で1センチだった子宮口は
1.5センチにしか開いてませんでした(^_^;)

陣痛の間隔は10分くらい

・・・こりゃ、まだまだですな・・・

助産師さんは入院してもいいようなことは
言ってくれましたが
一度帰宅してうちでゆっくりすることにしました。


このとき、chiponもダンナも翌日(8月15日)には産まれるだろう
って思い込んでいました。

「終戦記念日生まれになるね~」

なんていうのも甘い考えでした・・・


★出産レポートその2~陣痛室に入るまで(8月15日)へ★
[PR]
by chipon922 | 2008-08-31 12:14 | 妊娠後期(8~10か月)

出産

8月16日夜、予定日より5日早く夫婦の希望予定日ぴったりに、無事元気な男の子を出産しました!
陣痛から出産まで丸2日、2晩寝ずの壮絶なお産でした。
ダンナの立ち会いや医療措置のない自然なお産などバースプランもほぼ叶い、会陰マッサージの効果で切開も裂けもせず、産後の回復は順調です!
出産直後からの母子同室でのお世話は大変ですが、赤ちゃんはホントにかわゆいので疲れも吹き飛びます!
まずは報告まで(^^)
[PR]
by chipon922 | 2008-08-18 21:31 | 0か月

陣痛

8月14日午後4時不規則間隔で軽い生理痛の痛みがあり、午後8時から10分間隔の陣痛が始まりました。
病院に電話すると一度来てみる?と言われたので午後10時、病院へ。子宮口はまだ1.5センチですぐお産って感じでもないため、帰宅。
一睡もできないまま朝を迎えました。夜中も陣痛間隔は10分のまま。今は5分間隔になるまで家で頑張ってるところです!
もうちょっとで赤ちゃんに会えるかな?
[PR]
by chipon922 | 2008-08-15 10:48 | 妊娠後期(8~10か月)