仙台在住働く主婦chiponデス!不妊治療お休み期間中にやってきたムスコ(youpon)を20年8月に出産しました♪その他おいしいモノ情報などを書いています。コメントもいただけたらうれしいです(^^)


by chipon922

<   2008年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

chiponママの1か月健診

9月24日

chiponの1か月健診がありました。

助産師さんとの個別相談では最近気になることを質問

 ・夜の添い乳をしたままママが眠ってしまい
 気づくと1時間~1時間半も吸っている(加えている)ことがある


  →次の授乳の時に出が悪くなるからよくない。
   テキトーな時に離してあげましょう!とのこと。
 

・いずれ復職することもあり
 搾乳(手搾り)をして哺乳瓶で飲ませる練習をしようと思ったが
 1回の搾乳で20mlくらいしか出ない


   →母乳足りない可能性もあるが、体重の増え方は順調。
    ムリして搾乳せず、ミルクでもいいのでは?


母乳育児は疑問だらけです。

最近、夜は4、5時間まとめて眠ってくれるようになったけど
日中の授乳間隔は平均2時間。長くて3時間。

2時間だと結構キツイっす(>_<)

 1回の授乳が20分~30分(これも長すぎる気が・・・)
 オムツ替え(ウンコ付)だと、ケア含めて10分。
 おしっこ発射されると着替えしたり洗濯したりでロスタイム発生!!
 そしてグズグズで抱っこしているうちに次の授乳タイムがやってきます(^_^;)


こんな調子で自宅に帰って まともに家事が出来る訳はありません!


でも、おっぱいのためには、食事だけは気をつけないと・・・。

ひょー!!考えただけで恐ろしいっす(>_<)


健診では、久々の内診もありました。

悪露はまだ少し残っているけど、フツーの生活がOKとのことです!


ママ友とのおしゃべりも出来て ちょっとストレス解消!!


【1か月のyoupon】

・だいぶふっくらしてきました!特にあごの下、おなか、太ももがムチムチデス!
・お気に入りのぬいぐるみやカラフルなガラガラをたまに目で追うようになりました!
・意味もなくニッコリ笑うことがたまーにあります。chiponママの顔を見てニッコリ笑ってくれる日が楽しみ♪
・髪がだいぶ伸びてフサフサ!そろそろカットしたいなあ
・添い寝をしていて、朝、chiponが布団から出ると泣き出すように。ママのにおいが分かるの??
・オムツかぶれは一進一退。薬を塗ってよくなったと思い薬を中断するとまた悪化の繰り返し。
・顔に湿疹が増えてきました(>_<) この時期よくあることとはいえ、悪化するようなら病院に行った方がいいかも・・・。
・オムツ交換は1日10回~多いときで17回!!
・授乳は1日10回くらい。ママとしては、もうちょっと授乳間隔が空いてほしいっす!母乳が足りてるか心配。
[PR]
by chipon922 | 2008-09-26 18:40 | 1か月

youponの1か月健診

9月19日

youponの1か月健診に行って来ました!!

ようやく母乳育児が軌道に乗り始めたものの
やはり体重の増え方が気になる・・・

youponの身長は53.8センチ 体重は 3940グラムでした!
発育の目安の 20グラム/日をクリアしててひとまず安心♪

問診でも経過は順調とのこと。

気になる点についても先生が丁寧に答えてくれました。

 オムツかぶれ:病院でもらった薬は安心なので、かぶれたらつけること。
 顔の白や赤いプツプツ:1日1回、洗う程度でOK。ごしごしこすらないこと。
 顔をいつも左にばかり向けている:顔の形はいびつになっていないので
  そんなに気にしなくていい。
  どうしても気になるのなら、背中にタオルを入れるとまっすぐ向く。

外気浴、オトナのお風呂が解禁になりましたー!
これでママもyouponと一緒にお散歩できる(*^_^*)


健診では 妊娠中からのママ友や、入院中親しくなったママとも再会!
どの赤ちゃんも順調に大きくなっています☆
この1か月間、みんな必死で赤ちゃんと向き合ってきたので
日ごろの子育て談義が尽きません。
chiponママにとっても、ママ友との会話は
気持ちのリフレッシュになりました!


今週は chiponママの1か月健診があります。


これが終わったら、いよいよ自宅に帰ります。


今まで、家事はほとんど母に任せ
chiponは育児中心の生活でした。

世間のニュースにも疎くなってしまい
本当に社会から孤立した引きこもり生活でした。

これからは少しずつ、フツーの生活に戻していきたいな。
ある程度 手抜きしながら、家事をして
youponとムリしない程度にお出かけできそうな場所を見つけて。

世の中の動きにも目を向けたいし(新聞すら読めない生活でした・・・)

これからが本当に大変なんだろうなあ。。。
[PR]
by chipon922 | 2008-09-21 18:19 | 1か月
9月16日

8月16日産まれのyoupon

今日で生後1か月・・・って数えるのかな?
週数でいうと、すでに5週目に入ったんだけど。
そういう計算がイマイチよく分かりません(^_^;)

とにかく、youponはこの世に生まれて1か月経ちました!

気にしないようにと思いつつ
1か月健診が近いので また体重が気になり始めてしまいます。

いっぱいおっぱい飲んで 大きくなってね☆


youponは甘えん坊さんなのか、他の赤ちゃんもそうなのか分かりませんが
とにかく抱っこされてないと 一日中グズグズの日が結構あります(^_^;)

妊娠中10キロ弱増えたchiponの体重は
出産後、10日もしないで妊娠前の体重に戻って
今は妊娠前より痩せたchiponの腕は か細くて(←自分で言うなって!)
抱っこ三昧と沐浴で 手首を痛めてしまいました(^_^;)

なんとか抱っこ以外の方法で寝てくれたり1人遊びしてくれないと
腱鞘炎になりそうデス・・・

そこで、ダスキンレントオールで
コンビのロアンジュオートスウィング
を1か月間レンタルしてみることにしました。


届いて数日ですが・・・


今のところの感触はビミョーです・・・。


機嫌がいい時に乗せてあげると
いつの間にかぐっすり眠ってくれたり
1人でぬいぐるみをいじったりしています。

ただ 結局のところ、グズグズ→大泣きの時には
人の手で抱っこされたいんだよね。
抱っこしすぎは腕がつらいけど
抱っこできる貴重な期間を大事にしたいし・・・

でも、キャスター付なんで
自宅に戻ってからも
常に自分の目の届くところにyouponを置いてあげることができるのは
いいかなあ??

レンタル期間が終わった後、購入するか
それとも期間延長してもうちょっと使ってみるかは考え中・・・

首がすわってくれれば おんぶしてあげることもできるし
抱っこがつらいのも ちょっとの間だよね!!
[PR]
by chipon922 | 2008-09-16 18:31 | 1か月

オムツかぶれ・・・

実家に戻る前に大量の内祝いを選んだりしなければならず
PCには1日10分くらいしか向かえません・・・
ヒマがあったら眠りたいしね。。。

ようやく更新できそうデス(^_^;)


我が息子のブログネーム

youpon

に決定しました!!

よろしくです☆

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

さて、タイトルのオムツかぶれですが・・・

早速やっちまいました(^_^;)

母乳育児相談で病院に行ったときに
お尻がちょっと赤いって指摘されて
オムツ交換の度に100均で買ったスプレー容器にお湯を入れて
お尻を洗ったりしたんだけど・・・

一向によくならず(^_^;)

2、3日後には、youponのお尻は真っ赤っか!!

しかも、タマタマの裏側まで赤くなっちまいました(泣)


お湯で洗う程度で治るとは思えない・・・

chiponママ、オロオロです(>_<)

友達に聞くと、オムツかぶれはほとんどの子が経験しているようで
迷わず病院に行ったら??とのこと・・・


生後1か月にもならないうちに
youponは小児科デビューしました・・・。

処方されたのは エキザルベ という軟膏

ステロイドが入っているけど、強さのレベルは低いので心配いらないそうです。


これを塗ると、3日程度でお尻はきれいになりました!!

恐るべし!!デス!!


しかし・・・

薬を塗るのをやめたとたん
またすぐにかぶれが復活(泣)

恐るべし!オムツかぶれ!!


うむー。ずっと薬を塗り続けるハメになるのかなあ?

何かいい方法ないのかな??
[PR]
by chipon922 | 2008-09-14 16:39 | 0か月

母乳育児について

早いものでチビが産まれて4週間目に入りました。

育児は本当に手探り状態で悩みは尽きません。

その中でもこれまで一番悩んだことが
チビの体重増加についてでした。

病院は母乳育児を強く推奨しているところだし
chipon自身も漠然と母乳で育てたいと思っていたので
病院の方針に従い、入院中はとにかくチビにいっぱい吸ってもらいました。

しかし・・・

母乳は思うように出ず
30分以上吸わせても泣き続けるチビ・・・
入院中の夜もなかなか寝てくれず 糖水を足しても泣き続けて
chiponの体もお産の疲れを引きずってクタクタ

チビの体重の減り方が標準よりも大きくて
軽いマタニティーブルーにもなりました。

退院日には少し体重が増えたものの
これから助産師さんがいない中での母乳育児に
ものすごく不安を抱えて病院をあとにしました。

実家に戻ってからは 乳首をやわらかくするための前搾りを続け
3時間以上間隔を空けないように注意しつつ授乳
前搾りした貴重なお乳も 母乳が足りなさそうなときには
消毒したおちょこで飲ませていました。


こうして迎えた 「退院後1週間健診」

増えてはいるけど 出生時の体重までまだ戻っていませんでした。

体重増は 20グラム/1日 以上だったら問題ないのですが
チビの体重増の割合はそれに少し届かない・・・

それでも病院からはミルクのミの字も出てきません。

もうちょっと根気よく吸わせてみましょう!
乳首も柔らかくなってきているので
前搾りはしなくても大丈夫、とのこと。


そしてさらに1週間後。また健診です。

見た目にもお腹や首の辺りにお肉がついてきました。


体重計に乗せられるチビ・・・


ドキドキ・・・


ようやく出生時の体重より増えて
増加割合も 37.5グラム/1日 でした☆


はあ~、よかった~(*^_^*)


根気よく母乳をあきらめないでよかったっす!


それ以来、乳の出は順調となり
今のところは母乳オンリーでやっています。

復職のこととか、ちょっと預けたい時とかのことを考えると
いつまで母乳オンリーを続けられるか分かりません。
(こういう場合、みなさんどうしていらっしゃるんでしょうか?)

保育園だと哺乳瓶に慣らすよう言われることもあるようだし・・・

ま、ムリせず母乳育児中心で続けられたらいいなあって思います。
[PR]
by chipon922 | 2008-09-08 15:15 | 0か月
前回の続きです。


陣痛開始から2日後の8月16日
ようやく分娩室にたどり着きました。

陣痛室で待機していたダンナも分娩室に登場

まだ完全に子宮口が開ききっていないので
長丁場になりそうです・・・

分娩室にはフツーの分娩台があるけど
お産はフリースタイル

まずは横向きになって ひたすら陣痛に耐えました・・・

助産師さんが陣痛の波がくると肛門を押してくれ
chiponは一生懸命 呼吸を吐くことに集中
でも いきみ感をガマンするのも限界に近づいてきました・・・。
とにかくウンコが出そうです(^_^;)

「ウンコ出そうデス!!」

「いきみたいデス~!!」

と何度も助産師さんに訴えました(^_^;)

この時点でのダンナの役割は 水分補給の手助け

陣痛の合間にペット茶を口に運んでもらっていました。
(100均で買ったペットボトルにストローをつけられるキャップは
ホントにあって大助かりでした!)


そしてようやく子宮口が9センチに開きました。

ここでようやく
いきみたければいきんでOKの指示が出ました!!

半分はいきみをガマン、半分はいきむ
くらいの割合で頑張った・・・と思います。


そして午後5時~5時半ごろ?

赤ちゃんがなかなか下りてきていないみたいで
助産師さんから新たな分娩スタイルを提案されました。

 「バランスボールを使った四つんばい」

もうヘトヘトのchiponは 「え??なんだか疲れそう・・・」
って思いましたが
この時は 早く出てきてほしい一心だったので
チャレンジすることにしました。


分娩台の上に置かれた大きなバランスボール

その上に四つんばいになるchipon

陣痛の波がきたら、ゆらゆら揺れながらいきみます。

陣痛の合間は そのままぐったりと休憩

休憩の時には 助産師さんが三陰交のツボ押しをしたり
馬油で会陰マッサージをしてくれました。

そして陣痛中は脱肛ケアもしてくれました。


1時間から1時間半はこの体勢で頑張りました。

この頃、暑さと疲れがピーク

ダンナには水分補給のほか、うちわで扇いでもらいました。

夕食におにぎりが運ばれてきたけど
ほとんど食べられませんでした。
(陣痛室での昼食をしっかりとったのは正解でした)


そして午後7時ごろ?

いよいよ佳境デス!!

赤ちゃんもだいぶ下りてきたってことで
最後は仰向けの姿勢で分娩に挑みます!!

このときになって、初めて医師が登場しました。

ホントにいよいよだ!!頑張るぞ!!

だいぶ水分をとって膀胱が子宮を圧迫していたようで
1度 導尿されました。

陣痛の波に合わせ、3回くらいいきみます。

これを陣痛が来るたびに繰り返します。

気合は十分だけど もうクタクタで
分娩台の足を乗せるところに足を上げるのもツライ状況・・・
足も思いっきり開かないといけないのに
気づくと足が閉じてきている・・・

ダンナが一生懸命

「足、開いて!!」

って何度も声がけしてくれました。

陣痛が治まった時には、足を下ろして休憩・・・


こうして何度かいきんでいるうちに助産師さんが

「頭見えてきましたよ~」

「髪の毛、ふさふさですよ~」

なんて言ってくれ、ホントにもうちょっとなんだな!って実感


しかし・・・

なかなか出てきてくれません(^_^;)

しばらくして

「次の陣痛の波で出てきそうですよ~」

とのお言葉が!!


しかし・・・出てきません・・・

ホントに出てきてくれるの??って不安がよぎります。


そして その後2回くらい陣痛の波が来たときでしょうか。


午後7時38分


何かがスルリと抜ける間隔がよく分かりました。


そして元気な産声!!男の子デス!!


もちろん感動しましたが
それより何より 「ようやく終わった・・・」
っていうのが率直な感想でした(^_^;)

その脇で ダンナは感動でかなりウルウルしてました。


へその緒が切られ 体をキレイにしてもらうと
すぐにカンガルーケア

うっ、かわゆい(*^_^*)

30週からの会陰マッサージの効果は絶大で
会陰は切開もせず、裂けもしませんでした。

初産でここまでキレイな?会陰の状態は珍しいそうです。

会陰マッサージに協力してくれたダンナも大喜びでした!


内側(産道の部分)がちょっと切れた程度で、そこだけ少し縫いました。


そして授乳

生まれたばっかりなのに ちゃんとおっぱいを吸っています(*^_^*)

ホントにママになったんだ~


こうして2時間近く 赤ちゃんとゆっくり過ごした後
体重測定などが行われ
夜11時ごろには病室に入り 即母子同室となりました。

バースプランはほぼ叶い
ダンナの立会い出産、医療措置を施さない自然なお産が実現でき
辛かったけどとても満足のいくお産でした。

そして何より 我が子が夫婦の希望した予定日に
元気に この世に生まれてきてくれたことに感謝デス!!



以上がchiponの記念すべき出産レポートでした。

★出産レポートその3~陣痛室にて(8月15~16日)へ★
[PR]
by chipon922 | 2008-09-05 12:20 | 妊娠後期(8~10か月)
前回の続きです。


8月15日の夜 ようやく陣痛室に入りました。

この夜はchiponのほかにもう1人 妊婦さんがいました。
声の感じからして ものすごい痛そうデス(>_<)
chiponの比じゃあ ありません・・・。

ダンナもベットの脇の固いソファに泊り込み

でも 相変わらず仕事疲れのせいでほぼ爆睡でした・・・

陣痛の痛みは明らかにどんどん増しているのに
間隔は一向に縮まらず、苦しい夜を過ごしました。。。

たまに助産師さんが様子を見に来てくれたときには
腰をさすってもらったり 肛門を押してもらったりしました。


こうして一睡もできないまま 8月16日の朝を迎えました(>_<)

朝になり 陣痛室にテニスボールがあるのを発見!!

以前 何かで西村知美さんが陣痛逃しにテニスボールを用意した
という話を聞いたのを思い出したchiponは
早速トライ!!

ベットに座って、肛門にテニスボールを置いて
ゆらゆらと体を動かすと
いくらか陣痛が楽になりました!!
これなら一人でも頑張れそうです。


朝の内診の結果 子宮口の開きは5、6センチ・・・

10センチまであと半分・・・ちょっとガッカリしました(>_<)

午前中 母と妹も陣痛室に駆けつけ
眠そうなダンナに代わって
腰をさすってくれたり 肛門にテニスボールを押し付けてもらいました。

この頃にはすでにまともな会話は出来ない状態・・・

痛みは増してるのに 陣痛の間隔は縮まらない・・・

陣痛が始まると

「ケツケツ!!(注:肛門にボールを当てろ、という意味)」

「腰腰!!」

を連発し、ひたすら痛みに耐えてました・・・。

それでも体力勝負のお産に備え
病院の昼食は、根性で 8割方食べました。


午後になると 痛みに加え
ウンコがしたい感じが出てきました。

たぶん これが「いきみ感」ってやつでしょう。

いきみたいけどいきめない・・・

辛さは増す一方・・・


そして午後2時半 ついに破水しました。

この瞬間 いきんでウンコをもらしたのかと思いました(^_^;)

トイレに行くと デカナプキンがビショビショ


そのまま分娩室で内診を受けると 子宮口はまだ8センチ

もうダメ・・・動けません・・・


でも、お産まではまだ時間がかかりそうなので
一度陣痛室に戻ることに

その前にトイレに寄ったら 今度はものすごい出血
もう陣痛室まで歩くことも出来ない状態になってしまいました・・・

こうして、子宮口は完全に開ききっていないまま
分娩室に入ることになりました。

★出産レポートその2~陣痛室に入るまで(8月15日)へ★
★出産レポートその4~ようやく出産(8月16日)へ★
[PR]
by chipon922 | 2008-09-02 18:26 | 妊娠後期(8~10か月)
前回の続きです。


いったん、病院から自宅に戻り
その日の夜から翌朝(8月15日)まで
約10分間隔の陣痛に苦しみ ほとんど眠れませんでした。

残念ながら ダンナは隣で爆睡・・・(^_^;)


このとき、ダンナに何をしてもらいたかったか??


とにかく、肛門をグーの手でグイグイ押してほしかったのです(涙)

たまに押してくれたものの ほぼ1人で耐え切りました・・・


ダンナは今日1日出勤すれば、夏休みで9連休

日中の陣痛を1人で耐えるのは限界だったため
近くに住む実家の母に朝一で来てもらいました。

午前中 陣痛の間隔はなかなか縮まらず
時には6、7分・・・でもまた10分に戻る・・・の繰り返し

母には陣痛の時間のメモと肛門押しを頼みました。
何十回 母に肛門を押してもらったことやら・・・(^_^;)

でもまだ 陣痛の合間に話をしたり食事を取る余裕はありました。
お産が進むよう 部屋の中でウロウロ歩いたり
軽くスクワットをしたりしてみました。

しかし 目標の5分間隔まではなかなか到達せず・・・


午後になり 見かねた母は

「そろそろ病院に電話してみたら・・・?」

うーん・・・。まだ5分間隔にはなってないし・・・。


でも何となく不安で 2回目の病院への電話


応対した助産師さんの感じからして
まだ病院に行くタイミングではない雰囲気・・・

「でも迷っているのなら 来てみますか?」

って言われたけど、やっぱりもう少し家で頑張ることに


このころから、今日中に生まれるかも・・・という淡い予感は
すでに消えていました(>_<)


夕方6時ごろダンナ帰宅。ここで母とバトンタッチしました。

これでダンナは夏休み突入なので
いつ産まれてくれてもOKデス!!


安心したせいか
この後すぐ 陣痛間隔が6分にまで縮まりました。

午後8時半までずっと6分間隔が続き
時には3、4分の時も出てきたので
いよいよ今度こそ 入院する気満々で病院に電話

ようやく病院からもGOサインをもらい
2度目の病院へ向かいました。

痛みもどんどん増してきて
病棟まで着くのも一苦労・・・


しかし・・・


病院に着いて安心したのか
陣痛の間隔がまた伸びてしまいました(^_^;)

しかも子宮口の開きもまだ2、3センチ


ひょ~っ!!先は長いっす~!!

でも chiponは今回は引き返す気は全くありませんでした。

助産師さんからも入院してもOKと言われ

8月15日夜9時半ごろ

ようやく陣痛室までたどり着いたのでした・・・


★出産レポートその1~陣痛の始まり(8月14日)へ★
★出産レポートその3~陣痛室にて(8月15~16日)へ★
[PR]
by chipon922 | 2008-09-01 12:30 | 妊娠後期(8~10か月)